Movie

横尾忠則と映画「ミシマ」/MISHIMA : A Life In Four Chapters

横尾さんと映画、といえば「新宿泥棒日記」以外でも鮮烈な想い出があります。 ポールシュレイダー監督作の「Mishima」(日本未公開)。主人公の知人の、日本画家として登場する横尾忠則。 主人公(沢田研二)はボディビルをやっている。 ある夜、マッチョな…

クリストファー・ノーランズ's BATMAN 最終章 2012年7月公開

The Dark Knight Rises

映画サマーウォーズ(DVDで見ての感想など)

冒頭からの語り口のスピード感に乗せられて ガンガン走ったけど 途中から何となくでこぼこ立ち止まる自分があって。 詳細は調べてないし、 分からないけど この原案はそのまま映像化したら たぶん1クールのドラマになるような分量なのでは。 端的にいえば「…

七夜待(ななよまち)、ひたすらハセキョーのタンクトップが気になる...

撮影がズバ抜けていい。 全編手持ちだけど、フィルムの質感や光の加減が どんなシーンでも一定。 動きもたくみに計算されていて、 ついカメラを振って、暴れてしまいたい所を我慢する感じが絶妙。 河瀬監督よりずっと年上のフランス人女性カメラマン。 ゴダ…

Inglourious Basterds ブラピ&タランティーノのコメディ映画?は泰米同時公開!

「ベンジャミンバトン数奇な人生」の演技が記憶に新しいブラッド・ピットの最新作Inglourious Basterdsは狂気のオタク監督クェンティン・タランティーノ作品。 第2次大戦中のヨーロッパを舞台にしたヒトラー暗殺映画? 予告編はドタバタ系で、キルビルあたり…

イーストウッド監督主演最新作『グラン・トリノ(GRAN TORINO)』

個人的には2009年上半期の洋画で、 痛快な一作「スラムドッグミリオネア」に張り合えるものとして最右翼の作品では、という予感があった。とにかくラストにはびっくり。物語は比較的想像通りに進んで行く。静かに破綻が、確実に近づく。... これをどう終結さ…

タイで観て来た映画の日本公開、一覧

日本に戻っています(タイはこれから1年で一番辛い酷暑!時期です)。 日本に戻るととたんに映画館との距離がでてしまうので(その代わりにTUTAYA通い)、 滑り込みでタイでロードショー観て来ました。 http://www.taideomou.com/archives/50816760.html ベ…

映画ウォッチメンへの考察を始めてみる...

何かとんでもないものをみてしまった感じ。 冒頭からオープニングタイトルへの流れ、音楽のセンスが抜群に良い。背反の法則。こういうのは久々。 Bolt > Watchmenなタイランドの夏休み(タイは来月お正月です)。 ウォッチメン……アメリカンコミックの稀代の…

A good movie, ベンジャミン・バトン 数奇な人生

長い上映時間中、ずっといろんなことに想いをめぐらせていた。 「人生」や「運命」についてのお話。 世界中に通じる普遍的なテーマ。 ブラピやケイトブランシェットと人気者がでているが、若い人よりむしろアダルト、シニア層に見て欲しいかと。 ガンガン、…

バンコクでNo Country for old men(ノーカントリー)を観る

2007年/アメリカ・上映時間122分 監督・脚本 : ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン 原作 : コーマック・マッカーシー 出演 : トミー・リー・ジョーンズ、ハビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリン、ケリー・マクドナルド 正直、これがアカデミー作…

CLOVERFIELD(Paramount Pictures)

映画『クローバーフィールド』、期待はそれなりにしていましたので...なんと言ったら良いのでしょうw 形容が非常に難しいです。 ケチョンケチョンに言う人が居るか、大絶賛する人が、いる、かも。 タイで見たハリウッド映画の中では一番のトンデモ系ですねw …

映画『靖国 YASUKUNI』予告編

内容が内容だけに大マスコミではなくネットでの口コミが向いているかと。 ソクーロフの「太陽」がネット上で静かに話題になり、そして結果的に驚きの上映されたことも思い出します。 今回の作品は真っ向から上映勝負のようですが(偏向映画なのか、国辱映画…

いよいよアカデミー賞発表

昨日からCNNニュースではオスカー一色です。 タイに来て随分アカデミー賞を身近に感じるようになりました。 今季ボクが観たのでは、(硫黄島が未見なのは残念ですが)、ユナイテッド93、ディパーテッド、ブラッド・ダイアモンド、そしてバベル。 渡辺謙、役…

ブラッド・ダイアモンド それでも貴方はダイアモンドがお好き?

Blood Diamond http://wwws.warnerbros.co.jp/blooddiamond/ レオナルド・ディカプリオ主演、アカデミーノミネート作品、観ました BABEL(バベル)に続いて、オスカー関連の映画、あとはDream Girls(ダイアナロス&シュープリームスをモデルにした作品)がタ…

映画BABEL(バベル)は凄い

本日チェンマイ初日(タイではR指定)。やはりファラン(白人)の姿が目立ちました。 この映画、仮にボクがずっと日本に住んでいたなら、この見終わった後の感慨というか、ここまでの圧倒的なリアリティを感じられなかったと想います。 タイに住んで、ボク…

an inconvenient truth 人に知られたくない、不都合な真実についての映画

世の中には人に知ってもらいたくないことがある ブッシュに(不当に)敗れた元大統領候補アル・ゴアが語る Global Warmingについての異色映画、 現在タイ国内で上映中(タイではヒットしないと即刻打ち切りです!)。仮にプロパガンダと言われても今、全ての…

追悼・実相寺昭雄監督

最初は何だろう、オンタイムではなかったけど初代ウルトラマンのスカイドンとか、ジャミラ(故郷は地球)。怪獣墓場・シーボーズ…… でも一番衝撃だったのはセブンの「第四惑星の悪夢」(原題・人間狩り)ですね。ウルトラシリーズなのに怪獣も宇宙人も出てこ…

ある子供(The Child)

2005 ベルギー=フランス 公開日: 2005年12月10日 何の躊躇もなく、自分の子どもを売ってしまう青年ブリュノ。大人になることとは? 2005 カンヌ映画祭、パルムドール受賞作チェンマイの欧州映画祭で観ました、英語字幕付き。まずワンシーンワンカットが新鮮…

ユナイテッド93

ちょっと原稿たまってたりするのです。近頃切れ目なく作業の連続……(言い訳ですけど)。 とりあえず、初稿を書き上げた後、UNITED 93へ。 最近映画枯れ状態だったのでまさに待望。バンコクに3週間遅れてチェンマイで上映開始です。 息が詰まって、おまけに…

映画マイアミ・バイスはマイケル・マンからコン・リーへのLove Letter

タイに戻って久々映画館へ。Weekdayは70B(200円)なのでお得なのです。 最近気付いたのですが、タイは映画に関してはアメリカと直結です。タイムラグもありません。というか、タイは木曜初日なので全米公開よりも早かったりする! 日本は随分ズレがあり…

ついに日本公開、ソクーロフの「太陽(the sun)」

オフィシャルサイト http://taiyo-movie.com/ 8月5日より銀座シネパトス、その後全国順次公開、とのこと。 くしくも「昭和天皇メモ」のニュースが流れたばかり。この映画を観ると、人間ヒロヒト天皇が自然に現実的にイメージできて、その発言をより身近なモ…

壮大なる消費財の輪、ダ・ヴィンチ・コード

映画もう観ているのに、レビューを書く気もおきなかったので助かります。 「ダ・ヴィンチ・コード」にブーイングの嵐 ボクはこの世界的消費財の輪に既に70バーツ(210円)支払ってしまいましたが、皆さんはどうですか? どれくらいなら支払っても良いとお考…

映画ブロークン・フラワーズ

2週間前バンコクに行っていた時にジャームッシュ、カンヌ映画祭審査員特別大賞(グランプリ)受賞のキーワードが引っかかり、とっさに予定を変更して観ました。 日本よりもほんの少し先に公開がスタートしたようで、今、日本でも映画館に行ってみた人の評価…

 イッセー尾形主演、ソクーロフ監督作品「THE SUN (太陽)」 

THE SUN(太陽) アレクサンドル・ソクーロフ監督作品 2004年 106分 イッセー尾形(昭和天皇)、佐野史郎(侍従)、桃井かおり(皇后)、ロバート・ドーソン(マッカーサー) 2005年2月第55回ベルリン国際映画祭コンペティション部門出品 2005年6月第13回サ…

映画Brokeback Mountain、見てきました。

アカデミー監督賞受賞作品・ブロークバック・マウンテン、見てきました。 単純に男女の話に置き換えるだけで全く普通に成立する話のようにも想いました。あくまでも画面から感じたイメージの範囲ですが(ボクに米語読解力がもっとあれば違うニュアンスが分か…

2度の劇場鑑賞、スピルバーグのMUNICH(ミュンヘン)

前回観たのがタイ公開初日の2/9だったので3週間近く前。日本でもとっくに公開中でタイミング的にはズレたかもしれませんが、週末(日本では3/6早朝)アカデミー賞発表もありますし。 3時間近い長丁場ですが、冒頭、そしてその後3度に分かれて描かれるミュ…

coming soon! MUNICH

ミュンヘン、個人的には『華氏911』以来の期待感。 スピルバーグの映画を待望するなんて生まれて初めてのこと。娯楽作なんて誰でもいつでも作ってます、映画は監督のエゴである! 日本公開は来週末2月4日、タイは少し遅れて9日から。親ブッシュ国家・タイで…

 華氏911、その後

その後といっても、映画は絶賛上映中なワケで(苦笑、 ボクの方は先日、(日本だから当然ですが) 念願の「字幕付き」でみることができまして。 このblogで感想書き上げて、いろいろネットを巡って、 ボクのところにもTBやコメント頂いて、うれしかったん…

 華氏911(マイケルムーア監督作)

これは映画というメディアを借りた、 ある作家の怨念であり、 (独断ではあるが偏見ではない)意見書ではないか。 カンヌで賞を獲ってしまいましたが、 この作品に「映画的な評価」を下すこと自体、無意味ではないのか、 そう想いました。 (っていうか、今…

i,Robotを観ながら想うこと

何の前情報も無く映画にいくってのはタイに来てからですね。 場所はセントラル(タイ人はセンタンと呼ぶ) ラップラオ店のSFXシネマ。 ここではラストサムライも観た…… スパイダーマン2をこの前見たときに ハリウッドモノはもうやめよう、なんて想いなが…