ジャニー喜多川、85歳の冬

ジャニーズ事務所ジャニー喜多川社長が単独取材に応じ、アイドルたちへの思いや今後について語りました。所属タレントについて「本人の意思を応援したい」と述べています

「顔で選ぶんですかと、よく聞かれるけど…」ジャニー氏:朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASK1Q630NK1QUCFI00C.html

 半世紀以上にわたり、ジャニーズ事務所を率いて、独自のショービジネスを展開してきたジャニー喜多川社長(85)。日本の芸能界で何を考え、立ち続けてきたのか。アイドルたちへの思い、ジャニーズのこれからについて聞いた。

「華やかな世界ない」 ジャニー氏、セリフに込めた思い

 ジャニーズ事務所を創業したのは1962年。
 当時は男性アイドルという呼称は一般的ではなかった。しかし、今や、アイドルは芸能界の柱の一つとなり、昔では考えられないほど長寿化もしている。一方で、光GENJI、最近ではSMAPなど、人気グループの解散にも直面してきた。

 「その選択が本人の意思であり、プラスになるなら、絶対に応援しなきゃいけない。たとえば、アメリカへ行って勉強したいからと言われれば、大賛成ですよ。あとで育ってくれないと、何の意味もない」
 宗教家だった父親の教えも思い出すという。

 「幼いころから、お金をとられても、とる側になるよりずっといいと、教えられてきた。だから、僕は何かをもって行かれても幸せだ、と思っているんです」

 ジャニーズをめざす子どもたちのオーディションは今も自ら行う。選考基準で最も重視するのは「やる気」。グループを構成するときも、まず「やりたい者」に手をあげさせ、メンバーを決めることも行ってきた。いわゆる「ジャニーズ顔」と呼ばれる“美形”も特徴的だ。
 「顔で選ぶんですかとよく聞かれますが、たとえば井ノ原(快彦)はジャニーズ顔ですか? 彼も朝の番組でがんばっていますが、要は、本気で闘っているかどうか。親御さんから信頼を受け、大事なお子さんを預かる以上、私も命をかけて自分の子のように教育しようと思ってやってきた」

 とはいえ、競争は熾烈(しれつ)で、華やかなスポットライトをより多くあびる者とそうでない者が分かれる世界だ。いじけたりする者も出ないだろうか。
 「何百人いても見たことはない。本当です。みんな輝きたいという気持ちはあるでしょう。でもそれは損得勘定ではなく動いている。ピュアなものです」

 55年前、最初に生まれたグループは4人組の初代ジャニーズだった。全米デビューをめざし、プロデューサーとしてメンバーとともに渡米。ビング・クロスビーら米国のトップアーティスト、エンターテインメント界の人々と交流を深めた。
 米国の芸能人のステータスの高さ、芸能人同士の連帯の強さを知る一方、日本の芸能界の社会的地位や状況との差を感じた。「日本でも芸能人がいつか、もっといい環境で活動できるようにしたいと思った」

 当時は日本ではまだ、男性が踊るのが恥ずかしがられた時代だった。男性アイドルへの世間の目は冷たかったという。

 「僕たちが少しずつ認められることで、社会を変えてきたという意識はある。時代は追っかけるものではなく、創るもの。50年前の自分の夢を今、達成したという思いはあります。米国では俳優が大統領にまでなっている。日本でも芸能人のステータスの向上がもっと必要だとの思いは変わらない」

 今回の大統領選でも見られたように米国の芸能人は、政治的発言もさかんだ。ただ、それについては「日本は米国とお国柄が違う」と慎重だ。あくまでもショーで戦争を描き、平和のメッセージを乗せる。それは、自身の戦争体験に立脚したものだという。
 事務所は大勢の人気タレントを抱える。昨年の紅白歌合戦では白23組のうち6組が事務所所属のグループだった。
 今、85歳。未来像をどう描いているのか。
 「自分のやり方を代々続けさせようとは思わない。親の気持ちで教育することは大切だけど、そんな愚直なやり方は、僕らの年代だからできること。みんな、それぞれのやり方で考えていけばいい。ただ、楽しいことが大切なんですよ」(林るみ、山根由起子)

     ◇

 じゃにー・きたがわ 1931年、米ロサンゼルス生まれ。62年にジャニーズ事務所を創業、ジャニーズ、フォーリーブス近藤真彦、少年隊、SMAPTOKIO、KinKi Kids、V6、嵐など多くの男性アイドルを生み出している。2011年、「最も多くのショーをプロデュースした」などでギネス世界記録に認定された。

山下達郎とグーフィ森(福山雅治P、exイカ天審査員)の対談(山下達郎FC誌より抜粋)

グーフィ森「成功者だからできる何かを始めるじゃないですか、バカな別荘作ったりとか、
達郎さんはなんでそういうのがないんですか?」

山下達郎「別にカッコつけるわけじゃないけど音楽が、レコードが全てだったから。
今やってる番組(サンデーソングブック)でもFM東京のレコード室はほとんど使ってない。
集めたレコードを使って番組を作るのは一種の社会還元だと思っているからね」

グーフィ森「何でそんな話をしたかというとロック幻想みたいなものが、それはポップスターでも何でもいいんですけどどっかミュージシャンでありながら、憧れることが作品でなかったりするじゃないですかミックジャガーやジョンレノンの言動だったりという。
純然たる作家として産み落とした作品へのリスペクトはあるものの、
そこに憧れるのではなく、ソレを作った人のオフにあこがれているわけですよ。
いい女をつれていつも歩いている。豪邸を買った、こんなスキャンダルがあった、みたいなこと」

山下達郎「それはまさにあなた方の世代の発想だよ」

グーフィ森「いやそうなんですけど、それがない時代の人たちがやっぱり強いんだなということを凄く感じるんですよ」


山下達郎いや、僕らの世代にもロック幻想はあった。ただいわばミュージシャンていうのが厳然とあってね、ひとたびスタジオに入ればゴタクなんて通用しなかったから。あくまで演奏力、作曲力、編曲力、読譜力、あるいは録音技術、そういう技術力でしか認めてもらえなかった。
今のアイドルシンガーとか、ダンスをやりたくってステージに立ってるのか、
歌を聞かせたいのか、はたまた大衆煽動をしたくて立っているのか、
MTVと称されるものは一体何をアピールしたいのか。
音を聞かせたいのか、映像を見せたいのか、
映画みたいなストーリーを作りたいのか、
全然分からない。そういう中途半端な時代」


この対談の中にはボクが日頃からPop Musicに接しながら想うこと、
そしてこれは“俺のロック”に対するボクの回答が含まれているとも感じています。

仮に音楽を、“俺のロック”の道具に使って行くなら、それも良しとしましょう。

でもボクは音楽が好きだし、(優れた)音楽家には敬意を表したいし(単純にスゴイと想っているし)。

「音楽」が好きなミュージシャンはその“音”を聞けば分かります。それがその音楽家の音楽に対する姿勢であるし、そういう「音楽に対しての謙虚さ」みたいなものをどれだけ持っているか。
それって、音楽をやっていく人にとって、とても大事だと想ってるんですよね。

そんな気持ちを感じさせてくれる音楽家の“音”にはホッとさせられます。

結局、ニンゲンがつくるんですものね、音楽は。


今年も終わりですね……今年はいろんなことがありました。
最後の最後にこんな大きな天災が訪れるなんて。
お世話になりました。

クリックとタイポップスの関係

ライブは生もの。その場でしか再現できないドラマチックなもの。
でもクリックでは本当の音楽の面白さ、奥深さは生まれてこない。
生の面白さは生まれない、今でもその気持ちには変わっていません。
クリックに異議を唱えるタイミュージシャンの声が出てくることを切に願います。


細野晴臣星野源の地平線の相談
「ライヴ嫌いを直す方法をおしえてほしーの。」

星野:僕はライヴが好きになれないんですよ。どっちかというとレコーディングとかCDを作るのが好きで。
細野:同じだよ。
星野:ジャケットの打ち合わせなんかしてると楽しくて。でもほかのメンバーはみんなライヴのほうが好きで。僕が舞台やドラマ出てる間はライヴができないからちょっと不満を漏らすんですよね。それでどうしたものかなあ、と。

細野:僕はライヴ大嫌いだったんだよね。はっぴいえんどの頃からそうだったんだけどスタジオで音楽を作ることが目的だった。だからはっぴいえんどの時はライヴ用の練習をしなかったの。で、そのまま出て行ってたら「へたくそ」って言われてた(笑)
星野:でもあの頃のライヴ音源を聞くと上手いなあって感心しちゃいますけど。
細野:でしょう(笑)。初めて出たときにバラバラだったの。その印象がずっと引きづられちゃったんだね。本当は一人一人上手いのに。
バンドってやっぱり練習しないと駄目なんだよ。それでますますスタジオワークが好きになっていったんだ。スタジオで作り込んだ音楽をライヴでコピーしようとしても、忠実にはできないから欲求不満がつのる。でも当時はみんなそうだったんだよ。「スタジオの音が再現できないからコンサートを止める」ってビートルズ先生がおっしゃったわけだから(笑)」<*1966年頃の話>。さらに(ビーチボーイズの)ブライアン・ウイルソン先生も「自分はスタジオワークのほうが好きだ」とおっしゃってライヴに出なくなった。(ビーチボーイズの)ツアーは弟や従兄弟たちに任せてね。
星野:僕もそうすればいいんですかね。

細野:僕もそう信じてきた。つい2ヶ月くらい前までは。
星野:えっ??

細野:ここ2年くらい東京〜ザ・ワールド・シャイネスとライヴをやってきて、そのたびにその場で新曲増やしていったの。飽きちゃうからね。で、この間出たアルバム「フライング・ソーサー1947」はライヴで積み重ねていった結果をスタジオで録ったの。初めての試みでね。今までと逆。
星野:一発録りに近い……
細野:うん。そしたらね、演奏のノリがびっくりするぐらいスゴいなと思って。
星野:ほお、すばらしいですね

細野:ライヴでやった曲をレコーディングする。これが自然なんじゃないかって。なんでそこに気づかなかったんだって。YMO以来緻密に作ったヤツをステージにデスクトップを持ち込んでね、おまけにクリック聞きながらやっていたのなんて、もう、イヤだなと思って(笑)。
星野:確かに。サケロックも一緒に出させてもらった福岡の演奏は楽しそうでしたものね。あれは本当に感動的でした。途中で間違えたのも含めて。
細野:そうライヴって昔は間違えたら立ち直れなかった。今は間違えてもいいやって、ユルい感じになって。僕はライヴが嫌いじゃなかったということに気がついた。
星野:なんだか少し気が楽になりました。
(TVブロス2007年10/27-11/9号より)

参考*
第112回 ─ 細野晴臣×星野源(酒石)、元祖&新鋭熱帯伊達男異国情緒対談(bounce.com)
http://www.bounce.com/article/article.php/3279

伝説のロックはここから!コザの夜はとてつもなくエキサイティング!オレの叫びとギターを聞いてくれ!

taideomouhibi2014-01-09

2014年新年、沖縄県沖縄市(コザ)ライブパブにて。
TAKUがステージ呼び出され、ギターを抱えてEのカッティングでセッションスタート。
終始キンキンの出来そこないのキースリチャーズみたいなギター音で恐縮です!
オブリやソロを地元日本人Gがサポート、
ドラムとベースはアメリカ人。
天国の扉では地元日本人ドラマーがパーカッションで参加、ギターソロ後半がTAKU。
Download

*ブログは本家webタイで想う日々で更新中。 
是非いらっしゃって下さい!

 代々木タイフェスティバル2013は雨で開幕!熱いツイートの数々

タイフェスティバル2013


コレだけ雨に降られたタイフェスっていつ以来?地べたに座っての呑み会は無理でしょうか。ある意味健全、行きやすい? RT @milkjean: ひかるとタイフェス!! bit.ly/15X7nxE
posted at 15:06:18

皆様楽しんでおられる様です、雨で明日に切り替えたとのツイートも散見されます RT @kuishinbougirl: ムエタイ・ハウスのパッタイ #タイフェス bit.ly/ZOZC5a
posted at 15:08:16

傘とタイフェスのテント…ある意味新鮮です。明日は傘無しが良いですね RT @kamabocooon: タイフェス bit.ly/15X7MA3
posted at 15:09:06

まだ雨が止む気配は無い様ですね、東京・代々木公園 RT @YuiSaiki: タイフェス、あいにくの雨。 小雨か止む想定でオスカ連れ。 あまかった。。 @ 代々木公園 (Yoyogi Park) bit.ly/15X7V6A
posted at 15:09:45

こんな楽しみ方もありますね、さすが大都会東京 RT @tmk00iii: 雨なのでタイフェスは諦めた。けどタイ飯食べてる。シンハーも飲む。 @ ルミネエスト7&8 DINNER bit.ly/15X7WHI
posted at 15:10:10

雨で食べる場所に困りそうですが…盛り上がってますね!!とにかく代々木のタイフェスは人出がはんぱないですから。雨の日は意外と新鮮に感じるかも…?  RT @youthktokyo: タイフェスいえーい! 雨だせ!いぇーい! bit.ly/15X8ai3
posted at 15:12:08

明日の代々木、そして来週の大阪城公園と天気が気になります RT @Souad_Maki: ここ行きたいのだ! RT @ R43 府中タイレストラン スイタイ 抜群のタイ料理を提供しています。味も量も満足させます!(お店から) bit.ly/ZP03MI
posted at 15:14:06

横尾忠則と映画「ミシマ」/MISHIMA : A Life In Four Chapters

横尾さんと映画、といえば「新宿泥棒日記」以外でも鮮烈な想い出があります。
ポールシュレイダー監督作の「Mishima」(日本未公開)。

主人公の知人の、日本画家として登場する横尾忠則
主人公(沢田研二)はボディビルをやっている。
ある夜、マッチョな友人(倉田保昭)と屋台ラーメンを食べている。
マッチョな倉田が言う。

「例えミケランジェロでもロダンでも、結局は人間の身体を石かなんかで掘る訳だ。現に生きた(美しい)人間の身体があるのに。要するに芸術家なんて要らないんだ」
横尾は答える。
「あなたの言ってることが正しいとしましょう。歯を食いしばって、汗を流して、その生きた芸術作品が出来たとしますね。しかし、それが老いさらばえることはどうするんですか? その美しさはどうなるわけ? 作ったあなたがどうにかしなきゃならないんだから。
だから一番美しい時に死んでしまえばいいんですよ」

You must commit suicide at the height of your beauty.

たったワンシーンしか出てこない横尾さん、
横尾さんが言うからこそ、夢物語の中にリアリティがでてくる。
大学時代、ビデオで見ただけですけど、
そのキャステイングも含め、すごい、鮮烈に心に刻まれています。

http://www.youtube.com/watch?v=p4bnjL1-878&list=PLC7A3F60049AB85BC